スポーツジムに用意する服装はどんなもの?

これで浮かない!ジムにぴったりの服装を知る!

>

ジムの効果と種類について

動きやすくぴったりしている服がベター

ジムへいく際に気になるのが服装です。運動するのだから動きやすいのは当然ですが、他にもルールがあるのか気になります。本来であればトレーニングウェアが良いですが、体験の時点では動きやすくて出来る限り身体にフィットしている服がベストです。
男性ならTシャツやタンクトップにレギンス、女性ならTシャツにタンクトップ、ハーフパンツにレギンスが良いです。寒い時期はこの服装に保温性のある、簡単に着脱出来るパーカーがベストです。
そして注意して欲しいのが靴です。歩きやすく軽めのスニーカーに必ず靴下を履いてください。靴下の流れに指定はありませんが、足首に負担がかかるケースもあるので、出来れば足首までカバーしてくれる靴下がベストです。

こんな服装でジムに通うのはNG

動きやすい服であれば何でも良い訳では無く、ラフな服装を履き違えている方も多くいます。
まず楽だからと言ってデニムでくるのはNGです。伸縮性が無いのでケガの元になりますし、汗と反応して器具に色が移ってしまう事も考えられるのでとても迷惑です。
そしてサンダルや裸足は重大なマナー違反として、トレーナーに注意されるだけでは無く時には出入り禁止になる場合もあります。利用者に注意される事もある程のマナー違反なので、ジムへ行く時にはシューズと靴下は必ず持ち込みましょう。シューズを忘れてしまった場合は、ジムによってレンタル可能なところもあります。
また女性に多いのですが、あまりにも露出しすぎているウェアも他の利用者の気が散るのでマナー違反です。


このコラムをシェアする

このページのTOPへ