これで浮かない!ジムにぴったりの服装を知る!

ジムへ着て行く服は何でもいい訳じゃない?

一昔前はジムと言えば男性的なイメージが強く、筋力トレーニングに特化した場所と言う印象でした。しかし海外では男女共にフィットネスジムへ通い、自分の身体を引き締めながら健康を維持すると言うのが当たり前です。その考えが日本にも浸透しつつあり、近年では女性に気軽に通えるジムが多く立地しています。
ちなみにジムと言っても自治体が運用している公営ジム、会員制のジム、講師とマンツーマンでトレーニングが出来るパーソナルトレーニングジムがあります。公営ジムは料金が安く気軽に通える半面、設備が最低限でトレーナーの人数も限られています。
会員制のジムは月額料金を支払い、そのジムの設備が使い放題で民間企業が運営しているので営業時間帯にバラつきがあります。トレーニングマシーンだけでは無く、プールやスタジオで様々なカリキュラムが展開されているのが特徴です。
パーソナルトレーニングジムは講師とマンツーマンでトレーニングが出来るので、前者よりも効果が現れやすく自分の理想の身体を手に入れやすくなります。しかし料金が割高ですし、時には食事制限などプライベートに踏み込んで指導されるケースもあります。
種類を知れば自分にあったジムがわかりますし、入会してから「イメージを違う。」と言うトラブルも防げます。運動はストレス軽減効果やデトックス効果もあるので、忙しい現代人にはぴったりです。そんなジムですが、通う際の服装やマナー、あると嬉しいグッズについて説明しています。

このページのTOPへ